資格認定・登録・支援制度

当協会では、より充実した下水道管路管理に関する技術向上や安全確保のため、資格認定等の制度を設けています。

 

コンテンツ一覧

資格認定制度

下水道管路管理技士 資格認定制度

下水道管路施設の管理技術者養成事業の一つとして、管路施設の管理業務の履行について必要な知識と技術・技能を持つ者を、その程度に応じ、資格認定すると共に、管路管理技術者の技術水準向上を目指して実施するものです。

資格認定制度とは
第20回(平成29年度)下水道管路管理技士 資格認定試験 受験案内
過去の試験問題と正答及び解答例
第19回(平成28年度)資格認定試験合格発表(pdf)
第20回(平成29年度)資格認定試験「総合技士筆記試験」合格発表(pdf)
管路技士資格者一覧(※)

※ 新しいタブで表示されます

申請書等のダウンロード
資格更新講習案内

 

登録制度

下水道管路管理業登録制度

下水道管路管理業を営む者が、一定の要件を満たした場合に、公益社団法人日本下水道管路管理業協会の登録が受けられる制度です。

下水道管路管理業登録制度とは
登録要領
登録規定
申請書類
【正会員】登録業者一覧

災害時支援者登録制度

災害時支援経験の豊富で指揮監督に有能な人材で講習を受けたものをあらかじめ要員として登録する支援者登録制度を平成21年3月に設けました。

災害時支援者登録制度とは
災害時復旧支援協定の締結状況

 

支援制度

新技術支援制度

新技術支援に関する必要な事項を定め、下水道管路管理に関する新技術の開発を促進することを目的としています。

新技術の公募
認定技術一覧